ピンバッジはオリジナル製がベスト!

ピンバッジといえば学生の部活動やサークル、社会人でも団体や社員証として使うことが多いです。一般に販売されているバッジを使ってもいいのですが、やはりオリジナルのバッジを作った方がよりメンバーの見分けが付きやすくなります。
バッジというのは長時間使い続けることができますし、さらに場所も取らないので保管するときも簡単です。また、作るときも予算があまりかからないので、大量に作ることもできます。最近では専門店が多くあるので、作ってくれる業者を探すのも難しいことではありません。初めてバッジを作る場合であっても、スムーズな納品が可能なので、まずは業者を探して相談してみるといいでしょう。親切な業者であれば、予算や生産方法、そして納期についてきちんと相談に乗ってくれるので安心です。

どうやって専門店を探せばいいのか?

オリジナルピンバッジを作成したいのであれば、専門店に依頼するといいでしょう。なぜなら、通常のお店よりも専門店の方が価格が安いことがあるからです。では、どのようにして専門店を探せばいいのかというと、パソコンやスマホで検索するのが一番手っ取り早いです。
ネットでバッジの専門店を検索すれば、それに特化している専門店を簡単に見つけることができます。そして、検索にヒットした専門店同士を、例えばロット数で比較したり、1個からでも作成できるかどうかを確認したり、大量注文の場合には値引きに対応しているかどうかで決めることで、自分に合った専門店を見つけることができます。ホームページを比較検討した上で目的に合った業者に依頼してみましょう。

デザインはどうすればいいのか?

オリジナルピンバッジを作成するときにはどのようにしてデザインを決めればいいのでしょうか。もしもすでにラフ画が決まっているのであれば、画像データを専門店に送ればそのバッジを作成することができます。
しかし、デザインが決まっておらず、漠然としたイメージだけしか決まっていないのであれば、それを具現化してくれる専門店に依頼するといいでしょう。中にはデザインを作るサービスを行っている業者もいるので、デザイン面で悩んでいる方にはそのような業者がお勧めです。事前に専門店とデザインに関して打ち合わせをし、納得の行くデザインが出来上がったら依頼するといいでしょう。色使いや使用する素材によって費用が変わってくるので、その段階で見積もりを取るようにして、予算内かどうかの確認もしましょう。