ピンバッジはオリジナルの物を作ろう!

色んなシーンで利用されているピンバッジですが、最近はオリジナルの物を作る人が増えてきました。例えば、団体バッジや社員証、そしてゲームショーやコミケなどのイベントでも共通のバッジが利用されていたり、販売されていたりします。
また、最近では保育園や幼稚園でもクラスバッジや記念品として利用されており、皆お揃いのバッジにすることで団結力を高めようとしています。バッジは一個から生産も可能ですし、もちろん大量生産も可能です。作るときも、金や銀を使ってオリジナリティを出すこともできますし、もちろん安価な素材でも作ることができます。さらに留め具の方も色んな種類があるので、子供が扱うときにも危険がありません。デザインも自由に決めることができるので、チームや団体のロゴを使用することもできます。

どうやって作ればいいのか?

実際にオリジナルピンバッジをどのようにして作ればいいのでしょうか。作り方としては、プレス加工や貴金属、エッチング、そして印刷の四種類があります。プレス加工とは、金属を機械でプレスした後に色付けしたり、七宝焼の手法で加工したりする方法です。
貴金属は純銀や純金などを組み合わせて作成するので、とても豪華で高価な作成方法になります。他にも、エッチングであれば薬品によって金属の腐敗させ、そして凹凸を出すことでプレス加工と同様に色を着けることができますが、プレス加工よりも細かい表現が可能になります。また、印刷の場合だとオフセット印刷やシルク印刷などがあります。このようにバッジには色んな作成方法があり、デザインによって料金や時間などが変わってくるので、専門店に依頼してどのような方法にするのがベストなのかを相談してみるといいでしょう。

注文するときにはどうすればいいのか?

オリジナルピンバッジを注文するときには、まずは個数と納期をはっきりさせることが大事です。なぜなら、せっかく個性豊かなバッジを作ったとしても、利用日に間に合わなかったら意味がないからです。
そして、次にデザインを決めるようにしてください。製作企業によってはデータに形式が決まっている場合があるので、しっかりと確認して依頼しましょう。次に留め具をどうするのかも決めてください。ここまで決まったら見積もりを出してもらって、予算内であれば実際に作ってもらうといいでしょう。見積もりを作ってもらうときには、複数の業者に見積もりを出してもらうと最安値がわかるのでお勧めです。

トロフィーに関することならお任せください。 格安トロフィーでイベントの予算に貢献します。 当店で扱っているトロフィーなどの商品は、他店と比較して特別料金であり、お客様にお求めやすい価格となっております。 素敵なブロンズトロフィーをご用意しておりjます。 トロフィーや旗、オーダーの記念品の専門店で、名入れやオリジナルデザインも承っており、日本国内の法人や個人の方のみ配送可能になっております。 オリジナルピンバッジの制作は【ichikawa-sk】にご相談ください